ケアニン短編を見て。スタッフの皆さん、私のおばあちゃんをありがとうございます。

ケアニン・ショートフィルム3作目「サラリーマン転職編」を見せて頂きました。

おばあちゃんに会いたくなりますね・・

今、私のおばあちゃんは、名古屋から遠く離れた田舎で、介護施設に入居しています。
最後にあえたのは去年のお正月だからもう1年7ヶ月ほど会っていないことになります。

3年ほど前から時々私の名前を言えなくなったおばあちゃん。
もしかしたら次に会ったときは、私の名前を全く言えないのかもしれません。

そんなことを思いながらこのショートフィルムを見ていましたが、見終えた後には全く違う気持ちが芽生えていました。


きっと私のおばあちゃんは、今お世話になっている介護施設で、
この物語の主人公の「ボクちゃん」のような方達に支えて頂きながら、新しい人生を歩いているんだなと思えました。

新しい人生に私との思い出は多くないのかもしれません。
でも、おばあちゃんの新しい人生が「ボクちゃん」のような方達に支えていただいて、笑ったり、悩んだり、時々寂しくて泣いたり、生きていることに幸せを感じてくれていたらいいな・・・って思います。

スタッフのみなさん、いつも私のおばあちゃんを支えていただいてありがとうございます。
それから、おばあちゃんがわがままを言っちゃっていたらごめんなさい。
おばあちゃんの新しい人生のサポート、どうぞよろしくお願いします。

おばあちゃん、介護施設のみなさんと楽しい時間を1つでも多く過ごしてね。
わがままは小さなものを1日1つくらいにしなきゃだめだよ。
コロナが落ち着いたら会いに行くから、待っててね。

いのちと触れ合い、生き方を学ぶ仕事〜ケアニン Short Films

ショートフィルム3つ目のお話もとても素敵な物語になっています。
制作された全国労施協様ケアニン制作者様ありがとうございます。

多くの皆さんにこの物語が届きますように・・!

いのちと触れ合い、生き方を学ぶ仕事〜ケアニン Short Films

<出演> 中澤隆範 上川時枝 / 戸塚純貴

<ストーリー> 不安を抱えながら、営業から介護の仕事に転職した雅彦。生活のためと割り切っていた雅彦だったが、ある日、担当していた利用者が・・・

既に公開中の以下、記事もよろしければ御覧ください。